シュベド需給MT4インジケーター

0
110
シュベド需給MT4インジケーター

絶えず変動する価格チャートの海に迷い込んだと感じたことはありませんか? あなたは一人ではありません。FX 市場、略して FXは、初心者にとっても熟練したトレーダーにとっても困難な状況です。そこで シュベド 需要と供給のMT4  インジケーターなどのテクニカル分析ツールが役立ちます。

この記事では、メタトレーダー 4 (MT4) プラットフォームで使用される人気のツールである シュベド 需要と供給の指標 の世界を深く掘り下げます。その基本原理、機能、そしてそれがどのように取引戦略を強化できるかを探ります。

しかし、細かい点に入る前に、しっかりとした基礎を築きましょう。

目次

シュベド 需要と供給のMT4 インジケーターの紹介

ロシアのトレーダー、アンドレイ・シュヴェド氏が考案したシュヴェド需給指標は、市場内の潜在的な需要と供給の領域を浮き彫りにするように設計されたテクニカル分析ツールです。買い手と売り手の綱引きを想像してください。不均衡がある場合、つまり売り手が過剰 (供給) または買い手が熱心 (需要) な場合、価格は予測可能な方向に動く傾向があります。

シュベド インジケーターは、MT4 チャート上のこれらの重要なゾーンを識別し、価格変動をナビゲートする際に優位性を与えることを目的としています。

需要と供給の取引の原則を理解する

需要と供給の概念は、FX 市場だけでなく、あらゆる市場の基盤です。これは、価格は買い手と売り手の相互作用によって決定されるという基本的な考えに基づいています。供給ゾーンは、特定の資産が豊富にあるエリアを表し、売り手が価格を下げることにつながります。逆に、需要ゾーンは、買い手が殺到し、価格を押し上げる可能性のあるエリアを示します。

シュベド 需給インジケーターは、過去の価格変動に基づいてこれらのゾーンを識別します。このインジケーターは、価格が停滞または反転した過去の事例を分析し、需要と供給の潜在的な不均衡を示唆します。このインジケーターは、チャート上でこれらの領域を強調表示することで、価格が将来どこで抵抗または支持に遭遇するかについて貴重な洞察を提供することを目的としています。

シュヴェド需給指標の仕組み

シュベド インジケーターの正確なアルゴリズムは厳重に守られた秘密のままですが、その中核機能は、過去の価格混雑の領域を特定することを中心に展開しています。これらのゾーンは、価格変動がなかなか突破できなかった過去の高値 (供給ゾーン) と安値 (需要ゾーン) と一致することがよくあります。

通常、インジケーターはこれらのゾーンを MT4 チャート上の色付きのボックスとして表示します。ここで重要なのは、これらのゾーンはサポートとレジスタンスの潜在的な領域であり、保証ではないということです。価格の動きは予測不可能であり、他の要因がその動きに影響を与える可能性があります。

シュヴェド需給指標の解釈

シュベド インジケーターが潜在的な需要と供給のゾーンを識別する方法がわかったので、次に、取引戦略の中でそれをどのように解釈するかを検討してみましょう。

ゾーンの解読

  1. 供給ゾーン (色付きのボックス):これらのゾーンは通常、価格が以前に抵抗に遭遇し、上昇に苦労したエリアの周囲に水平のボックスとして表示されます。価格の上昇に抵抗する売り手の壁を想像してください。明確に定義された供給ゾーンの上部付近でショート トレード (売り) を開始することは、売り手がコントロールを取り戻すと価格が下落することを予測する潜在的な戦略です。ただし、誤ったシグナルには注意してください。ゾーンを超える強力なブレイクアウトは感情の変化を示している可能性があり、ショート トレードを開始すると損失につながる可能性があります。
  2. 需要ゾーン (色付きのボックス):逆に、価格がサポートされて上昇に転じたエリアの周辺には、需要ゾーンが現れることがよくあります。これらのゾーンは、買い手が参入する可能性が高いエリアを示している可能性があり、価格の下落を止めたり、価格を押し上げたりする可能性があります。明確に定義された需要ゾーンの底付近でロング トレード (購入) を開始することは、買い手が売り手を圧倒して価格が上昇することを予測する潜在的な戦略です。繰り返しますが、誤ったシグナルには注意してください。ゾーンを下回る強いブレイクダウンは、市場の力の変化を示している可能性があり、ロング トレードを開始すると損失につながる可能性があります。

カスタマイズが鍵

シュベド インジケーターには、取引スタイルや希望する時間枠に合わせてカスタマイズできるオプションが用意されています。以下の項目を調整できます。

  • ゾーンの色:供給ゾーンと需要ゾーンに異なる色を割り当てると、チャートの視覚的な明瞭性が向上します。
  • ゾーンの太さ:ゾーン ボックスの太さを調整すると、他のグラフ要素と区別しやすくなります。
  • 価格フィルター:インジケーターがゾーンを識別するために必要な最小価格変動を設定できます。これにより、小さな変動を除外し、より重要な過去の転換点に焦点を当てることができます。

これらは単なる出発点に過ぎないことを覚えておいてください。さまざまな設定を試してみると、取引アプローチに最適な構成を見つけることができます。

シュヴェド需給指標の長所と短所

シュヴェド需給指標の長所と短所

他のテクニカル分析ツールと同様に、シュベド S需要と供給の指標 にも利点と限界があります。両面を見てみましょう。

強み

  • シンプルで使いやすい:インジケーターは需要と供給のゾーンを視覚的に表現するため、初心者でも使いやすいです。
  • 市場の状況を改善:潜在的なサポートとレジスタンスの領域を強調表示することで、インジケーターは取引の潜在的なエントリ ポイントと終了ポイントを特定するのに役立ちます。
  • 確認ツール: シュベド インジケーターは、他のテクニカル分析ツールと併用して、潜在的な取引シグナルを確認することができます。たとえば、供給ゾーン付近で弱気のローソク足パターンが形成されると、ショート取引の根拠が強化される可能性があります。

弱点

  • 遅行指標:この指標は過去の価格変動に依存しており、本質的に過去の出来事に反応します。価格は過去のサポート レベルとレジスタンス レベルを常に尊重するとは限りません。
  • 誤ったシグナル:需要と供給のゾーンは将来の価格変動を保証するものではありません。市場の状況は変化する可能性があり、インジケーターが誤ったシグナルを生成して取引の損失につながる可能性があります。
  • 過度の依存:取引の決定に シュベド インジケーターのみに頼るのは危険です。ファンダメンタル分析や適切なリスク管理戦略など、他の形式の分析と組み合わせることが重要です。

取引戦略における需要と供給の指標

シュベド  インジケーターの機能と制限について説明しましたので、次に、それを取引戦略に統合する方法について詳しく見ていきましょう。重要な考慮事項は次のとおりです。

  • 確認ツール:インジケーターを、他のテクニカル分析方法によって生成された取引シグナルの確認ツールとして扱います。
  • 価格アクションが重要:インジケーターは潜在的なゾーンを強調表示しますが、常に価格アクションの確認を優先します。たとえば、供給ゾーンを明らかに上回るブレイクアウトは、売り圧力が弱まったことを示し、潜在的なショート取引を無効にする可能性があります。
  • バックテストと改良:インジケーターをライブで展開する前に、履歴データでバックテストを行います。これにより、さまざまな市場状況での有効性を評価し、エントリーおよびエグジット戦略を改良することができます。

経験豊富なトレーダーから学び、シュベド インジケーターを使用してさまざまなテクニカル分析戦略をバックテストできるオンライン リソースやトレーディング コミュニティが数多くあります。

シュベド需給インジケーターを使用して取引する方法は

エントリーを購入する

シュベド需給インジケーターを使用して取引する方法は - 買いエントリー
  1. 明確に定義された需要ゾーンを特定します。価格がサポートを見つけて上昇に回復した過去のエリアを示す色付きのボックスを探します。
  2. 価格行動の確認:需要ゾーンの底付近で強気のローソク足パターン (例: ハンマー、エングルフィングバー) が形成されるのを待ちます。これは潜在的な買い圧力を示唆します。
  3. エントリー:需要ゾーンの底よりわずかに上でロングトレード (買い) にエントリーすることを検討してください。これにより、小さな価格変動の場合にバッファーが提供されます。
  4. ストップロス:ストップロス注文を需要ゾーンの下、理想的にはそのゾーン内の価格変動の最低点近くに設定してください。これにより、価格が予期せずサポートを突破した場合の潜在的な損失が制限されます。
  5. 利益確定: 2 つのアプローチが考えられます。
  6. 過去の価格変動に基づく目標利益:需要ゾーンの高さを測定し、エントリー ポイントから上方に予測します。これにより、そのゾーン内の過去の価格変動に基づいて潜在的な目標利益が得られます。
  7. トレーリング ストップロス:あるいは、価格が有利に動くと自動的に調整されるトレーリング ストップロスを使用することもできます。これにより、ある程度の価格変動を許容しながら利益を確定できます。

売りエントリー

シュベド需給インジケーターを使用して取引する方法は - 売りエントリー
  1. 明確に定義された供給ゾーンを特定します。価格が抵抗に遭遇し、上昇に苦労した過去の領域を示す色付きのボックスを探します。
  2. 価格アクションの確認:供給ゾーンの上部付近で弱気のローソク足パターン (例: 流れ星、弱気のエングルフィングバー) が形成されるのを待ちます。これは、潜在的な売り圧力を示唆しています。
  3. エントリー:供給ゾーンの上限よりわずかに下でショートトレード (売り) にエントリーすることを検討してください。これにより、小さな価格変動が発生した場合のバッファーが提供されます。
  4. ストップロス:ストップロス注文を供給ゾーンより上、理想的にはそのゾーン内の価格変動の最高点近くに設定してください。これにより、価格が予期せず抵抗を突破した場合の潜在的な損失が制限されます。
  5. 利益確定: 2 つのアプローチが考えられます。
  6. 過去の価格変動に基づく目標利益:供給ゾーンの深さを測定し、それをエントリー ポイントから下方に予測します。これにより、そのゾーン内の過去の価格変動に基づいて潜在的な目標利益が得られます。
  7. トレーリング ストップロス:あるいは、価格が有利に動くと自動的に調整されるトレーリング ストップロスを使用することもできます。これにより、ある程度の価格変動を許容しながら利益を確定できます。

シュヴェッド供給需要インジケーターの設定

シュヴェッド供給需要インジケーターの設定

結論

シュベド 需給指標は、市場内の潜在的なサポートとレジスタンスの領域を特定しようとしているトレーダーにとって貴重なツールです。この指標は、過去の買い圧力と売り圧力のゾーンを強調表示することで、価格が転換点を迎える可能性のある場所に関する貴重な洞察を提供します。ただし、シュベド 指標はパズルの 1 つのピースにすぎないことを覚えておくことが重要です。取引を成功させるには、他のテクニカル分析ツール、ファンダメンタル分析、およびリスク管理戦略の深い理解と組み合わせることが不可欠です。

以下をクリックしてダウンロードしてください:

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください